Nレジットカードの年会費

クレジットカードには年会費が存在します。
その額は、会社やカードの種類によって大きく差があります。
この年会費とはどういったものなのでしょうか。

クレジットカードの年会費とは、クレジットカードを持っていることで受けられる特典やサービス、利用明細送付などの機能や保障などに対する費用です。
つまり、クレジットカードの基本使用料金といえるもので、仮に一度もクレジットカードを使わなかったとしても、年会費が請求されるということになります。
年会費には、無料のものから数万円のものまで様々あり、基本的にサービスの充実や利用限度額の高さに伴い年会費も高くなるといえます。
標準的なクレジットカードでも、1000円程から2000円程の年会費が必要な物が殆どですが、キャンペーンや特定の申込み方法での特典などで初年度の年会費が無料になったりします。

特に、年会費の高さに影響しているといわれるのが保障機能の充実さと利用限度額です。
利用額が大きい場合の保証にはリスクが伴います。
高額な保険ほど、保険料が高くなるのと理由は同じですね。
つまり、年会費はそのリスクに対するリスクマネジメントの役割もあるといえます。

年会費について注意しておかないといけないのは、カードのランクが上がった際に年会費も変化する点です。
収入が増え、クレジットカードの利用も増えたけど、現在の利用限度額では物足りないので、増額申請をして上位ランクのカードに切り変えたら年会費も高くなってしまった・・・というパターンです。
クレジットカードの利用頻度が低い場合や、保障機能やサービスなどにあまり必要性を感じない場合は年会費が無料の物や安いものでも十分でしょう。
高額な年会費のクレジットカード並みの特典やサービス、保証が付いている安い年会費のカードもありますので、自分の利用状況に合わせて選択する必要がありますね。
初めての申込みの場合、年会費が安いものからスタートし、必要に応じて変更していくのが上手なクレジットカードの利用方法といえるでしょう。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.