使いすぎが心配・・・

クレジットカードは、お買い物やレジャー、各種料金の支払いなどに利用できてとても便利です。
ただ、常に利用額をしっかりと管理していないと、後日の引き落としや請求で驚くことになります。

クレジットカードの普及と共に拡大しているのが「カード破産」など、クレジットカードの利用でのトラブルです。
クレジットカードは、一旦カード会社が代金を立て替え、後からその立て替えてもらった代金を支払うシステムです。
最初から利用限度額が設けられていますが、それは最大利用限度に設定されている事が多く、再設定しなければ、限度額50万円なら50万円まで利用できるという事になります。
分割払いを利用していても、利用額が多ければ毎月の支払い額が多くなり、生活費を圧迫しますし、すべて一括払いで利用していた場合、次の決済日にそれらの利用金額全てが請求される事になります。

支払いが滞ると信用機関に返済滞納の情報が登録され、今後金融商品を申し込む際など、不利になってしまいます。
また、クレジットカードを初めて持つという人が陥りがちなのが、「クレジットーカードのお金は自分のお金」という感覚です。
簡単に言いますと、カード会社が立て替えるというシステムを理解はしているものの、自由に使える自分のお金と錯覚してしまうという事です。
実際に、カード破産などのトラブルにあった人の多くが、こういった錯覚に陥ってしまい、利用限度額まで際限なくカードを利用してしまうのです。
こういったトラブルを避けるにはやはり、利用額をしっかりと管理するのが一番ですし、「貰ったお金ではなく、借りたお金で支払いしている」と、常に意識しておく必要があります。

冒頭で少し触れましたが、クレジットカードには利用限度額が設定されており、それを自分で変更する事ができます。
例えば、ひと月当たり5万円までという風に、制限をかけることができます。
これによりいわゆる「使いすぎ」を未然に防ぐ事ができます。

使いすぎには注意してほしいのですが、使用方法によっては自分の月々の支払負担を減らすことができます。
高額な何かを購入するとき、例えば最近人気の高いインプラント治療
http://xn--eckvdxb1d3bc8541efo6blodx35e.com/
レーシック手術http://xn--pckp0b6k2c.la/では高額な費用がかかるのに自由診療になりますので保険が適用されません。
こんなときカードがないと現金でまとめて払うことになりますので、支払いをした月は生活が苦しくなりますが、カード払いにすれば分割払い可能なので数か月に分けられ生活にもそんな影響しなくなります。

また、子供ができたら多くの家庭が加入している学資保険http://xn--ruqz4zs43b2di.ws/もカード払いができる会社があるそうです。
この学資保険の場合、現金もカード払いも毎月の支払金額はかわらないかもしれませんが、カード払いの場合はポイントがたまるメリットがありますのでカード払いが良いでしょう。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.