盗難時のアドバイス

クレジットカードをもし紛失、盗難されてしまった場合のアドバイスです。
クレWットカードが紛失・盗難されたら、不正使用の被害にあう可能性が発生します。
慌てずに落ち着いて対応しましょう。

まず、クレジットカードを紛失・盗難にあってしまったら、カード会社に連絡し利用が出来ないようにしてもらいましょう。
これによってクレジットカードを拾った人や盗んだ人が勝手に使用したりできなくなります。
また、紛失や盗難に気がつくのが遅くなった場合、気がつくまでの間に不正使用の被害が出ている可能性があります。
クレジットカード利用を停止する事で、被害を最小限でとどめる事ができます。

カード会社への連絡は決してメールやハガキではなく、必ず電話でしましょう。
カードを不正入手した犯罪者はすぐに不正使用をしたり、データの解析などの犯罪行為をしますので、急いでカードを停止してもらう必要があるからです。
この際にカード番号がわかっていると手続きもスムーズですので、自宅でカード情報を大切に保管しておきましょう。

これらのカード会社への連絡と同時に警察に通報しましょう。
窃盗されたのが明確で、いつ盗難にあったのかがわかる場合、なるべく詳細に伝えましょう。
では、実際に被害が出ていた場合、カード会社に被害に対する保障を申請する必要があります。
カード会社の方から被害補償に対するガイドラインを提示してくれたりもしますので、説明にそった手続きを進めましょう。

カードの利用停止と警察への連絡、被害が出ていた場合の保障の申請の次にカードを再発行してもらうための手続きをすることになります。
ただ、この際書類の再提出が必要になりますし、利用情報の引継ぎなどで再発行までに時間が掛かってしまいます。
カードは暗証番号さえ判ってしまえば誰にでも使用できてしまうという欠点がありますが、本人認証機能がついているものもあり、こういった犯罪から守ってくれますが、不正使用の手段も巧妙化しており、盗難にあった際は直ぐにカードの停止から手続きを始めましょう。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.