クレジットカードはお得に持とう。

社会人になれば、何かしらのクレジットカードを持っていらっしゃる方がほとんどでしょう。
多い方では片手ではたりないほど、複数枚所有している方もいらっしゃると思います。
使い始めるまでは「なんか怖い」と思っていても、一度使い始めてみると便利で魅力的なクレジットカード。
皆さんはどのようなカードをお使いでしょうか。
お得なカードの選び方を考えてみたいと思います。
今はあちこちにたくさんの種類のカードが出ています。
行った先のお店には全てオリジナルのカードがあるといってもおかしくないほどです。
それはなぜでしょうか。
理由は色々あるのですが、一番は顧客確保でしょう。
カードを作ることでポイントを付与し、同業他店ではなく、そのお店にリピートしてほしいのです。
消費者からしても、もしも同じ値段であればお得に買い物できる(ポイントが付く、割引が受けられる、など)方がうれしいですよね。
では、どのカードを持っていればいいのでしょうか。
ポイントはいくつかあります。
・年会費の有無お得に使うからには無料が基本です。
おおよそ1年で1321円程度ですが、それも払わずに済むなら、払いたくないものです。
しかし、必ずしも無料でなければな轤ネい、というわけではありません。
・生活範囲お得に使う、と言うからには使えるところが身近でなければ意味がありません。
みんなの評価が高くても、自分が使わなければ、持っている意味はありません。
・何に使うのか例えば車に乗る方は定期的にガソリンを入れるので、ガソリンカードを持っていてもお得ですが、そうでない方はイマイチ利益を感じられませんね。
また、電車に乗らない方は、電鉄系のサービスは不要です。
一回きり、ではなく定期的に使うものを検討しましょう。
・ポイントが貯めたいのか、割引を受けたいのかもちろん、割引がされてたくさんポイントがたまるのが嬉しいのですが、自分が何にどういう利益を得たいのか、を考えて選べば、お得かつ便利に使えます。
・たまったポイントはどうするかポイントをキャッシュバック出来る場合(請求時割り引かれる)、ポイントを使用して買い物できる、景品と交換できる、などがあります。
一つ目と二つ目は似ていますが、二つ目は買い物時にしか引かれないので注意です。
キャッシュバックが良さそうですが、景品も欲しいものがある場合は割安で手に入ることもあるのでいいかもしれません。
また、最近ではポイントの移行が出来、携帯電話会社のポイントに移行して、端末をお安く手に入れることもできます。
そういった、企業間の提携も確認しておきましょう。
もちろん、手数料の有無も要チェックです。
・有効期限や手間はどうかポイントには有効期限がある場合があります。
その期間が短ければ、失効してします可能性が高いということです。
また、移行や交換に手間がかかるようですと、ポイント自体をあきらめてしまうことになりかねません。
前もって確認しておきましょう。
色々書いてきましたが、慣れたカードが便利、ということもあると思います。
お徳のためには手間は惜しまないわ、という方もいらっしゃるでしょうが、そうでない場合は、これまでの手順を出来るだけ変えず、生活範囲内でお得で便利なカードを所有したほうがいいと思います。
年会費についても、得られる利益(サービス含む)が高ければ、幾許かの金額を払ってでも所有したほうがいい場合があります。
(ゴールドカード所有で空港のラウンジが利用可など)生活にぴったりのカードを探してみて下さい。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.