クレジットカードと上手に付き合うには

クレジットカード。
それは大変便利なものです。
高額の買い物をするとき、大金を持ち歩くのは危険ですが、クレジットカードがあればその心配はいりません。
さらに、多くのクレジットカードにはポイントが貯まるという特典がついています。
しかも、そのポイントが現金として使えたり、商品券と交換してもらえたりして、とてもお得です。
誕生日月にはポイント2倍、特定のお店(店頭だけでなく、インターネット上のお店も利用可能)だとポイントが高くつく、使えば使うほどポイントアップなど、上手に使うと半年で数千円分のポイントがつくことも少なくありません。
私はポイントが高くつくように使い分けているので、数種類のクレジットカードを持っています。
しかし、複数のカードを使うと、結構面倒なことになるのも事実です。
請求の時期はクレジットカードの会社によってバラバラなので、銀行に振り込むのが面倒に感じてしまうのです。
しかも、私はさほど収入に余裕があるわけではないので、振り込むときになって「これを振り込むと、今月残高が厳しい」となって焦ることもありました。
また、「これくらい請求来るかな」と思って事前に入れておいても実は足りなくて、再請求がくることもありました。
友人によると、あまり再請求、つまり延滞を繰り返すと、銀行からお金を借りたくても貸してもらえなくなることもあるとのこと。
それはまずいと思いなおしましたが、いまさらクレジットカードを使わないとなるとやはり不便です。
そこで、上手にカードを使うことができるように色々考えて実践してみました。
といっても、私はかなり横着な性格です。
こまごまとした作業が苦手です。
なので、まずは毎月何となく多めに入れるという大胆な作戦を決行しました。
けれど、これは落とし穴がありました。
「多めに入れておいているから大丈夫だろう」と、安心してしまい、結局足りなくなっていることがあるのです。
特に、冬場。
ストーブをつけるようになると、毎月の灯油代(これもカードを利用して払っている)にかなり変動があるのです。
次に、ざっくり付けている家計簿で、カードを利用した金額の部分の色を変えて、それを計算して先に入金しておくという方法を取りました。
しかし、これにも問題が。
先にも書きましたが、私は横着なので家計簿もざっくりしており、書くのを忘れていることがあるのです。
しかも数百円ならいいのですが、千円単位で書き忘れてしまいます。
結局、足りなくなってしまうことがありました。
そこで、最終的にとった方法は、使ったらすぐにその分を袋に取り分けておくというものでした。
カードを使ったら、その日の夜に同額を袋に入れておきます。
そして、月が終わるときにその袋内の現金を全て銀行に入れてしまいます。
こうすると、こまごましたことに気を使うこともありません。
この方法を始めてから1年以上経ちますが、足りなくて再請求がくるということもありません。
しかも、手元の現金がどんどん減っていくので、以前はよくやってしまった使い過ぎもなくなりました。
横着な私にはいい方法だと感じています。
これからも、クレジットカードとは上手に、長く付き合っていきたいと思います。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.