クレジットカードの賢い使い方とは

私がクレジットカードを作った理由は、よく利用するサイトのポイントを貯めるためでした。
それまでは個人情報などの問題もあり、クレジットカードを作ること自体に抵抗があり、持っていなくても困らないから必要ない物と思い、代引きや銀行支払い、コンビニ支払いなどで済ましてきました。
しかしオークションの決済手段はほとんどがクレジットカードになっています。
海外旅行もクレジットカードを持っていくのが当たり前になってきました。
公共料金の支払いもカードで簡素化されています。
またもらえるポイントを捨てているような気がして、カードを作る決意をしました。
手続きを済ませようやくカードが手元に来た時は、気を引き締めて使おうと意識したのを覚えています。
実際使ってみると大変便利でした。
注文の手続きは簡素化され、宅配便が来ても支払い料金をきっちりそろえる必要もなくなったからです。
また今までは銀行・コンビニ支払いの際にかかっていた手数料が、発生しなくなりました。
改めて便利だなと感じるとともに、突然の請求に驚かないように、常にどこでいくら使ったか忘れずメモしておかなければならないと思いました。
出かけた先で、手元にお金がなくても高額な商品もカードがあればその場で買えるのがクレジットカードのメリットです。
たまったポイントで現金や商品券、マイルなどに交換できます。
賢く使えばポイントの2重取りも可能です。
ポイント獲とく率も銀行の金利に比べれば格段と高いので、楽しく賢く貯める事ができます。
もちろんポイントを賢く貯めるにはより還元率の高いサイトを利用する事がおすすめです。
家族で年に一度開催される、やきもの市が好きでよく見に行きます。
日本全国陶芸家が作った作品が並ぶこちらの展示即売会では、気に入った商品があれば商品を購入することもできます。
安価な物から高価な物まで幅広くあります。
高価な商品にはカードを使っている人を多く見かけます。
前なら高価な商品を諦めていたと思いますが、今は気に入ったものが買えるので、商品を見る楽しさが増え、財布の紐も緩みっぱなしです。
クレジットカードで一つ注意をしなければならないのが、残高不足にならないようにする事です。
残高不足が何度か続くと、信用を失い、利用の停止や、別のクレジット会社でカードを作ろうとした時作れなくなる可能性があるからです。
クレジットカードを利用すると、その支払いはクレジット会社から一括で支払われます。
つまりまず代わりにクレジット会社が支払い、後から引き落とし日に請求するという仕組みなので、引き落とし日は必ず守らなければなりません。
カードを持つにはきちんとした自己管理が必要になってきます。
自分に合った最適なカードを持つ事で活動の幅も広がります。
ポイントが貯まるのを楽しむのも良し。
買い物の幅が広がるのを楽しむのも良し。
街で使う事でより還元率が高いカードもあります。
指定された場所や土日限定でポイントがアップするカードも。
カードはあなたの持つ無限大の可能性を引き出してくれます。
カードをどんどん使う事で自分の信用も強くなるので、次のカードへのステップアップの手段として活動的に使う事をおすすします。
1枚持っていると自分の証明にもなります。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.