共働きであるとクレジットカードが便利です

私は現在非常に忙しく働いております。
ほとんど何も出来ないぐらい毎日が生きているだけで過ぎ去ってしまっています。
この忙しい状況を何とかしたいと思っているのですが、やはり仕事である以上、どうしようもありません。
そしてやはり家計を預かっている以上、どうしても家計をちゃんとしながら仕事を続けていく必要があります。
そこで私は色んな家計のサイトを参考にしながら、家計簿をつけて見ることにしました。
我が家は共働きであるため、お互いの財布がどのように使われているかなんてまったく把握していないことに気が付きました。
このままではどのように二人でお金を使っているかなんて把握しないまま、まったく貯金が出来ない生活になってしまいます。
実際に現在の貯金の率を見てみても、共働きとは思えないぐらいの貯蓄率であることがわかりました。
こんなに低い貯蓄率であるのであれば、これからますます貯金がない一家になってしまいかねません。
私は今の生活のスタイルではやはりお金がなくなってしまったら、そのお金をいつも足りない分を引き出して使っておりました。
こんな風に足りない分をいつも足りなくなった分引き出しておりましたので、当然なくなってしまうのは目に見えております。
こうやってないなら引き出す方式を続けていったせいか、お金がなくなってしまっていったのではないかと自分では思っております。
それに主人と生活費の分担などを曖昧にしていたのもひとつの原因ではないかと思っております。
それは食費などが顕著になっております。
どちらの財布から出すかという問題が残っていたのです。
どちらの財布から食費を出すか、その時の気分でどちらかの財布から出していたと思います。
しかし、そんなことをしていたら、自分から出すのか、相手から出すのかで、揉めることも多々合ったような気がします。
そんなことをしていたら、夫婦仲が悪くなってしまいますので、私は現金で管理をするのではなくて、クレジットカードで支払いをしたらどうかと主人に提案をしました。
それも1枚のクレジットカードを作って、そのクレジットカードの家族カードというものを作って、支払いをするクレジットカードを一本化するのです。
こうすることによって、引落しがされる口座はひとつになりますので、実質持っているカードは1枚なのですが、実質財布がひとつにネっている状態になっているのと変わりはありません。
私はこんなふうにして、生活費の口座を一本化することに成功することが出来ました。
そして何より一番役に立っていることが、このクレジットカード会社から送られてくる明細です。
この明細があるおかげで、特別家計簿をなどをつけておかなくても、ちゃんと支払い明細を把握することが出来ます。
こうやって私は共働きにとってみたら、このような自動で明細を作ってくれて、口座を一本化してくれるクレジットカードは非常に便利なアイテムであると思いました。
そしてお互いで使うからこそ、このカードの使用方法について、いつも使用のルールを設けることが必要であることがわかりました。
これからも主人と二人で生活費を支払いするときにこのカードの使用を続けることによって、お金の管理を二人で行なっていきたいと思っております。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.