無職でも作れるクレジットカード

私は昨年定年退職して、現在無職です。
10か月ほどの間は失業保険の給付を受けていましたが、それも終わり、今は月10万円足らずの年金を受け取っていますが、他に大きな収入のあてはありません。
 時間だけはたっぷりあるので、インターネットでの副業の可能性を調べてみました。
もっとも簡単にはじめられそうなのは、いわゆるポイントサイトというところに登録して、アンケートやクイズ、また買い物や入会登録などで換金可能なポイントを貯めることです。
まあ副業というよりは小遣い稼ぎといったところでしょうが。
 そして、そのようなポイントゲットの項目のなかでも、高額ポイントをもらえるアイテムとして、クレジットカードの取得がありました。
当該のポイントサイトを経由して指定のクレジットカードを申し込み、無事取得できれば、多いところで6000円相当くらいのポイントがもらえるのです。
 クレジットカードの取得よりポイントの多いアイテムとしては、FXの会社の口座開設と取引実施というものがありましたが、これは少し面倒だし、実際にお金を預けての取引をしなければならないのでリスクもありそうで、今のところ遠慮しています。
また、その他にローンカードの取得というのも高額ポイントが約束されているアイテムで、これにも平行して取り組んでいます。
 まあ、そのような理由により、ごく最近のことですが、何種類かフクレジットカードの取得の手続きを行いました。
私はもともとゴールドカードを含む3種類のカードを使っており、あらたにカードを作らなければならない必然性など皆無です。
手続きに及んだのは、すべてポイント目当て、小遣い稼ぎのためであります。
 実際に使おうというのではありませんから、選ぶカードはまず年会費が無料のものでなければなりません。
そのなかで獲得ポイントの多いものを、取りあえず二つほど選らんで、申し込み手続きを始めました。
もちろん心配なのは、現在無職の人間が審査をパスできるのか、ということにつきます。
 しかし、実に様々な業種の会社が自社主催のカードを作っていて、それぞれ、特典を付けて顧客獲得のキャンペーンを張っています。
ということは、顧客が欲しいわけですから無暗に審査で落としているわけにもいかないだろうと推測されます。
というような勝手な理屈をつけて自分を納得させて、無職、年収120万円というような、事実を報告してカード取得に臨みました。
まあ幸い、金融業界に警戒されるような過去の失策もなく、銀行にもそこそこの預金は置いてあるわけですから、実際、問題はありませんでした。
 つまり、無職であってもクレジットカードの申請はできるし、審査も無事パスするということです。
今まで2件連続で審査パスしています。
 一つの例を言いますと、インターネットの大手ショッピングサイトをやっているR社主催のクレジットカードの申し込みに関してです。
これは経由するポイントサイトからのポイント、とR社そのものが発行するポイントの両方が得られるお得感のあるアイテムでした。
そして、R社のカードについては、全ての手続きがネット上でできてしまいました。
無職ですから、職場への確認電話なども当然ありませんし、私個人への電話確認さへなかったのです。
また、引き落とし講座の設定手続きも、私がR社の銀行口座を保持していたこともあり、ネット上で簡単に終わりました。
 というような次第で、無職の私でもクレジットカードの新規取得が簡単にできました。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.