クレジットカードでマイルを貯める方法

クレジットカードを利用することで得られるポイントがあります。
このポイントの使い方は会社それぞれのポイントプログラムがあるために、そのポイントプログラムの内容を考えてカードを申し込む人も多いです。
 そんな数あるクレジットカードのポイントプログラムの中でも人気のプログラムが航空会社のマイルに交換する方法です。
航空会社には、それぞれマイレージプログラムがあり、航空機に乗ることによって貯めることのできるマイルとお買い物などをしてマイルを貯めていく方法の2種類があります。
 このお買い物をするときの貯め方がクレジットカードを利用したマイルを貯める方法です。
マイルの貯め方は非常に簡単で、航空会社のマイレージプログラムが加盟している提携のクレジットカードを保有するだけです。
保有したらカードを利用して買い物をするだけです。
これで、一般的には100円の買い物で1マイルを貯めることができます。
ただぢ、ゴールドカードなどの上位カードであればよりマイレージの加算比率が高いものもあります。
 マイレージを貯めていくときには、利用する航空会社の最低利用マイレージ数まで貯めないと利用することができません。
例えば、一番人気の国内線特典航空券は15000マイルまで貯める必要があります。
通常であれば1500000円分の支払いをカードでしなければマイレージを貯めることができません。
しかし、カード会社と航空会社が提携しているお店がいくつかあります。
例えば、カードを発行している航空会社であれば、通常の倍のマイレージを加算することができます。
このような提携会社は数多くあり、普段の生活の中からマイレージを貯めていくことが可能です。
そのほかにも、カードについている電子マネーを利用することでもマイレージを貯めることができます。
最近では、大手のネット販売業者でも自社のポイントを航空会社のマイレージに交換できるサービスを提供している会社もあり、より普段の生活の中でも簡単に貯めることができるようになってきました。
 貯めたマイレージの使い道は、最も小さい数で交換できるのは3000ポイント程度からです。
このあたりで交換できる商品は3000円分に相当するギフトカードであったり、電子マネーであったり、航空会社で利用できるクーポンであったりします。
 10000を超えると交換できる商品が増えます。
10000ポイント以上から国内線の特典航空券を得ることができるようになり、12000を超えたあたりから国際線の特典航空券にも交換するこニができます。
国際線の特典航空券では、利用する都市までの距離が遠くなれば遠くなるほど必要なマイレージ数が多くなります。
さらにビジネスクラスやファーストクラスなどの上級クラスの特典航空券も得ることができますが、エコノミークラスよりも必要なマイレージの数が多くなります。
 さらに、航空会社によっては季節によって必要なマイレージの数を変動させているところもあります。
ゴールデンウィークやお盆、年末年始の繁忙期には必要か数が多くなります。
逆に閑散期になると同じ路線でも必要なマイレージの数が少なくなる場合もあるので、自分が利用しやすい会社のカードを作りましょう。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.