クレジットカードで公共料金も引き落とし

クレジットカードで買い物を続けると、お財布の中の残金を意識しないので使いすぎて困るという人も中にはあるかもしれませんが、基本的に最低必要な生活費は、現金であれ、クレジット払いであれ、支払わなくてはいけません。
公共料金がそうです。
節電をしたり、節水をしたりと金額は下げることはできますが、最低の基本料金はどうしても発生します。
以前は公共料金は銀行引き落とししかなかったですが、今はクレジット払いできるところも増えてきています。
電気や都市部を顧客とする大手のガス会社はいいですが、地方の市町村の小さなガス会社ですとクレジット払いできなかった地域もありました。
水道料金は市が管轄しているので今も銀行引き落とししか選べません。
クレジット払いをするメリットは使用した年間の利用金額に対して、ポイントやマイルがつくということです。
結果的には商品券などの形でキャッシュバックできるので、とても楽しみにしています。
そうすると、1円でも現金払いよりクレジット払いのほうが得です。
大きな買い物をするときは、請求金額も大きくなるので考えるとして、日々の少額の買い物でも1か月にすると何万円のオーダーになりますから、現金で払うよりクレジットカードを利用した方が得なのは言うまでもありません。
クレジットカードが使えないというと、ほかに税金があります。
けれども、某自動車のディーラーの会社の発行するカードでは車検をお願いするときに以前は自動車税をぬいてしかクレジットカードが利用できませんでしたが、最近はコミコミでクレジット払いができるようになっていました。
お金にかわりないという意味でしょうか。
先ほども書きましたが、高額の買い物をすると、請求書も高額になりますからよく考えて利用は必要ですが、高額だからこそ、現金を持ち歩いて支払うより便利だということもあります。
最近は振込も、振り込め詐欺の横行で銀行のチェックも厳しく、1度の出金額、1日の出金額の制限が小額化しているため、一層クレジットカード払いのメリットが大きくなっている気はします。
もちろん、高額になれば、引き落としの銀行にしっかり残高は必要ですが、ついてくるマイルの加算も大きいので楽しみです。
どちらにせよ、計画的な利用がきちんとできるなら、現金の持ち合わせがなくても買い物ができて便利です。
それと、おつりを受け取らないので、小銭をたくさん持ち歩く必要がないのもいいです。
これは電子マネーにも共通して言えることです。
もう一つ、クレジットカードが活躍する場は海外です。
海外は国によって通貨が異なるので、国ごとで両替が必要になり、そのたびに為替レートに加え高額の手数料が必要になり、余ったお金の使い道はありません。
けれども、海外でクレジットカード払いにすると、2か月後の請求書に利用した現地通貨を手数料なしの為替レートだけでチェンジした日本円の金額が請求金額として書かれています。
為替レートも利用した日によって適応金額が違うので、余程円高のときに両替した現地通貨をもっていかない限り相場はクレジット払いが得な気がします。
また、もし、クレジット紛失などで利用していない請求がきたとしても、クレジット会社に問い合わせて調べてもらって請求を消すことも可能なので安全です。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.