クレジットカードでの電子マネーのオートチャージが便利

クレジットカードってとても便利ですよね。
現金を所持していない時に急な出費を強いられても、その場ですぐに支払うことができます。
しかも、実際の現金の引き落としは後からでもOKなので、計画的に使いさえすれば、ショッピングの幅をとても広げてくれます。
一方で、最近は電子マネーというものも存在し、利用者が非常に増えています。
プリペイド形式であらかじめカードやスマートフHン端末などにチャージ(入金)をしておけば、あとは電子マネーの読み取り機にかざすだけでお金を支払うことができます。
クレジット払いとは原理は異なりますが、読み取り機にかざすだけで決済できるという手軽さが使い勝手抜群なため、私もこちらはこちらで頻繁に利用しています。
さてこの電子マネーには代表的なものとしてSuicaがありますが、両方とも交通系の電子マネーであるため、基本的な入金の仕方は、駅の券売機に電子マネーカードと現金を入れて行うかたちになります。
それに加えて、今は現金払いではなくクレジット払いでも入金をすることができるようになっています。
券売機にSuicaカードとクレジットカードを入れてチャージしたり、スマートフォンでインターネットに繋げて端末上の操作で入金し、あらかじめ端末に登録しておいたクレジットカードで後日お金を支払うという方法です。
私も最近は専ら、クレジット払いで電子マネーにチャージをすることが多くなっています。
やはり現金を持ち歩かなくても、かざすだけで買い物もできるし電車に乗車もできるという便利さは、慣れると生活に欠かせない要素になっています。
さらに、現在は電子マネー機能とクレジット機能が一緒になったカードもたくさん登場しているので、私はそのようなカードをメインとして使うことにしています。
そのようなカードの特徴として、多くの場合はオートチャージという機能がついており、これがあまりにも便利な機能となっているからです。
この機能を設定しておけば、電子マネーの残額があらかじめ設定しておいた金額を下回ると、自動的にあらかじめ設定しておいた一定額が補充されます。
私の経験上でも、Suicaのオートチャージ機能を使うようになってからは、めったなことでは残額を気にする必要がなくなり、電車に乗る際の利便性が大きく向上しました。
ただしこの機能には、自動的に電子マネーがチャージされるのは駅の改札口を通過した時のみという欠点がありますので、その点には気を付けなければなりません。
Suicaのような電子マネーは電車だけでなく、バスに乗る時や、コンビニエンスストア等のお店でも使用できますが、そのような場所で使用して最低設定額を下回っても、オートチャージ機能は発動しません。
私は当初そのことを知らなかったので、バスに乗る際に電子マネーで運賃を支払おうとし、てっきり残額が十分にあると思っていたのに実際には残額不足だったという失敗をしたことがあります。
その時は現金を所持していたので現金で運賃を支払うことで事なきを得ましたが、もし現金を所持しない主義の人が同じケースに遭遇したら、無銭乗車になってしまいかねません。
そう考えると、現金と電子マネーとクレジットカードは、どれか一つだけに偏るのではなく、それぞれの特徴を生かしてバランスよく使用するのが良いのかもしれません。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.