審査のいらないクレジットカード

クレジットカードは信用と基に購入代金などの支払いをカード会社が立替て支払い、後ほどカード会社に支払うものです。
このシステムの為、クレジットカードは申し込めば確実に発行されるのではなく、適切な審査を通過してからの発行となります。
法律の改正などにより、貸付条件が厳しくなったのに対応し、利用額を小額に押さえることで審査に通りやすくしたクレジットカードもありますが、審査は必ず必要な物となっています。
審査に通らない理由は様々ですが、審査に通らなかった人でも発行できる審査が必要ないカードがあります。
クレジットカードと同じ使い方が出来る「デビットカード」と呼ばれるカードです。

デビットカードは、主に銀行が発行しているカードで、カード使用の際支払われるお金は、銀行口座の残高から自動的に引き落としになります。
つまり、クレジットカードの使い方が出来るキャッシュカードともいえる物で、口座残高が利用限度額となります。
厳密に言えば、まったくの審査が無いわけではなく、口座名義人と発行申込者が同一人物であるかどうかの審査(確認)がありますが、通常のクレジットカードのような、収入や信用情報などを基にした審査はありません。

そのため、クレジットカードをもてない人や、クレジットカードでの手数料や使いすぎに不安を感じている人に選ばれています。
クレジットカードが自分が現在所有している金額よりも多い金額を将来の収入を見込んだ信用で貸し付けてもらう物に対し、デビットカードは自分が現在所有している金額以上の金額を使用することができません。

また、デビットカードは分割払いができないため、商品購入代金などはその場で口座から引き落とされます。
銀行口座をカードという形で持ち歩いているような物と考える事ができますね。
クレジットカードに比べて若干利用できる場所が少ないですが、それでも需要が高い為徐々に対応しているところが増えてきています。
自分の経済状況や必要度にあわせて、クレジットカードがデビットカードを選び正しく利用しましょう。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.