クレジットカードの利用限度額

クレジットカードには利用限度額が設定されており、その限度額内でお買い物などの支払いを行う事ができます。
なぜクレジットカードには利用限度額が設定されているのでしょうか。

例えば、月に20万円の収入の人が、毎月クレジットカードで30万円使い続けていくと収入をクレジットカード利用金額が上回り、どんどんマイナス(借金)となっていく事になります。
利用限度額がないと、支払える見込みのない多額の金額を利用できてしまい、カード利用者は大きな負債を抱えてしまう危険性もありますし、カード会社もカード利用代金の回収が困難になってしまいます。
そのため、限度額が設定されているのです。

また、クレジットカードの利用可能額を、自分が自由に使えるお金と錯覚してしまったり、利用額を管理できていないなどが原因で陥ってしまう「カード破産」などのトラブルが発生してしまいます。
自分の収支をよく把握し、月当たりの利用額をしっかり意識しておく必要があります。

また、限度利用額は最初は一杯に設定されている事が多く、50万円が限度額のカードの場合、月当たりの利用限度額は50万円という設定になっています。
これは自分で設定しなおす事が出来ます。
月あたりの支払い可能額を5万円に設定すれば、それを超える利用はできなくなります。
自分の収入と支出を計算し、無理のない限度額設定が大切ですね。

また利用限度額を増やす事もできます。
これにはカード会社に申請する必要があり、審査が必要です。
給与明細や源泉徴収表などの収入を証明できる書類が必要になります。
申込み時より収入が増えており、規定に沿っていれば新たに申請した収入に沿った利用限度額に再設定してもらえます。
ただ、申込み時と同じ収入だった場合や、利用代金の支払いの滞納していた場合難しくなってしまいます。

利用限度額はあえてカードの利用に制限を設けることで、安心して利用できるようにする物です。
自分の生活に合った利用限度額に設定し、計画的に利用しましょう。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.