無職でも持てるの?

クレジットカードを持つには、審査に通る必要があります。
信用を元に発行されるクレジットカードは、カード会社が一旦支払いを代わりに行い、後日それを回収する仕組みとなっています。
ですので、安定した収入や利用額に対してきちんと返済できる能力があるかどうかを審査されることになります。
すなわち、収入がないと利用代金の回収が困難と判断され、審査に通貨しないという結果になります。

基本的に無職の人が審査に通過することはできません。
ですが、無職であっても収入がある場合があります。
生活保護受給者は審査対象にはなりませんが、家賃収入や株取引での収入などがあれば納税証明や収入証明書があれば申込みすることができます。
ただ、あくまでも「安定した収入」がある人が対象になっていますので、審査に通るのが若干難しくなる可能性があります。

無職であっても、自分の状況に応じてはクレジットカードの審査に通る場合があります。
それは配偶者が世帯収入者の場合です。
主婦や主夫の人がそれにあたりますね。
配偶者の収入と信用情報を踏まえたうえで審査が行われることになります。
この際、審査の過程で配偶者に了承を得ておく必要があるでしょう。

クレジットカードがどうしても必要な時、例えばインターネットでのサービスがクレジットカード払いしか対応していないなどの場合、どうすればよいのでしょうか。
そういった場合、インターネットなどで無職でも持てるクレジットカードと詠っているカードがあります。
デビットカードという、クレジットカードと同じ使い方ができるものです。

デビットカードは、自分の銀行口座の残高が利用限度額となります。
つまり、カードを使って支払った際にその場で口座残高から直接代金が引き落とされる事になります。
クレジットカードと同じ使い方ができますが、利用可能な店舗やサービスがクレジットカードに比べて若干少ないという面がありますが、年々使用できる場所やサービスが増えてきています。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.