キャッシング機能付き

クレジットカードはお買い物や料金の支払いなどをカード会社が立て替えて、後ほどその代金が請求される仕組みとなっています。
このクレジットカードに付け加えることが出来る機能の一つにキャッシング機能があります。
キャッシング機能とはATMなどで現金を借りることができる機能です。
クレジットカード利用限度額とは別に、貸付限度額が設けられます。
つまり、クレジットカードの利用限度額から現金を引き出して借りるのではなく、提携している金融機関・金融会社が別に設けた貸付限度額から現金を引き出し、借りるというシステムです。

急にお金が必要になったときに便利ということで、このキャッシング機能つきのクレジットカードを申し込む人も多いようです。
クレジットカード申込み時に同時にキャッシングに申し込む事ができますし、後からこの機能を付け加えることも可能です。
クレジットカードの利用には年会費と分割支払いにした際の手数料が掛かりますが、キャッシング機能には借入金額に応じた一定の利息が発生します。

キャッシングには別途審査が必要(同時申込みの場合は同時に審査が行われる)であり、収入状況と信用情報を元にしたこの審査に通過しなければなりません。
年収に対する一定の割合で、利用額が決定されることになります。
年収200万円の人の場合、借り入れ総額が20万円が目安となります。
ただ、この借り入れ総額には住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードなどは含まれません。
ですので、これらのローンの残高が年収以上にあったとしても申し込む事が可能です。
利用にはますますの管理意識が必要と為します。

また、キャッシング付きクレジットカードの場合、クレジットカード利用代金とキャッシングの返済はそれぞれ別の会社が管理していることになりますので別途行うことになります。
提携ATMや、発行元が同一の場合でもこれは同じで、代金支払いと返済は別々と行う事になるので注意しましょう。

高額な買い物、最近流行りのレーシックhttp://xn--z-4euxa2cxmpd.com/などにはカードの分割払いやキャッシングのご利用が良いでしょう。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.