クレジットカード発行までの流れ

クレジットカードを持ちたいという人は、まずは必要な書類や発行までの一般的な流れを紹介いたしますので、確認しておきましょう。
カード発行会社によって小さな差はあるものの、申込みから発行まではほぼ同様の物なので是非参考にしてください。

・クレジットカードの申込み
まずは申込みですね。
申し込み方法はいろいろあり、店頭に設置してあるパンフレットについている申込用紙による申込み、電話による申込み、インターネットによるオンラインでの申込みがあります。
パンフレットについている物は、記入してポストに投函するだけでOKですし、オンラインでの申し込みは直接必要事項を入力するだけでOKです。

電話の場合、電話で伝えた情報があらかじめ記載された申込用紙が郵送されてきますので、そちらに記入して投函することで申込みが完了します。
この際、必要となるのが身分証明書となる免許証や保険証、印鑑証明証ですので、申し込む前に用意しておくと良いでしょう。
申込み後、申込み確認の確認電話がある場合がありますので、必ず出るようにしましょう。

・審査
申込み書類がカード発行会社に届いたら審査が始まります。
勤務先や自宅への在籍確認の電話があります。
同時に収入と信用情報機関登録情報を参考に審査が行われます。
利用限度額もこの段階で決まります。

・契約書記入
審査結果が出たら電話やメール、封書にて連絡があり、審査に通過していたら契約書が送付されてきます。
送付された契約書に署名と捺印し返送します。

・クレジットカード送付
契約書を返送してから数日後、クレジットカードが送られてきます。
受領確認の電話をカード会社にすることでカードが利用できるようになります。

申込みからカード発行までに一週間から二週間ほど掛かります。
オンライン申込みの場合、書類の郵送時間が掛かりませんので、その分カード発行までがスピーディーになります。
また、契約書とカードが同時に送られてくる場合もあり、最も早くカードが発行できる方法です。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.