クレジットカードの犯罪

クレジットカードの普及と利用者増加ノ伴い、それを狙った犯罪も多く有ります。
その犯罪方法を紹介しますので、十分に注意して安全にクレジットカードを使いましょう。

・二重通し
カードを決済機に複数回通すことで、二重三重にカード支払いを不正に行うものです。
主に海外で多く報告されており、会計の際に店員にカードを手渡し、その後店員が客の見えないところへカードを持っていき、決済機に複数回通すという手段が一般的のようです。
また、読み取り機自体に不正な改造が施されている事もあり、これらの理由から海外での使用は、お店や自分のカードの所在に対し十分注意する必要があります。

・インターネットサイト不正請求
インターネットでは魅力的な商品やサービスなどをクレジットカードを利用する事で購入、利用する事ができます。
「必ず儲かる限定情報」などといった情報商材も多く販売されており、中にはまったく意味を成さないのに法外な金額の物も販売されており、購入後それに気がついてもクーリングオフに応じないケースが多く発生しています。

また、会員登録を必要とするサイトの中では、有料コンテンツ利用の為のクレジットカード情報の登録が求められるケースがあります。
この方法を用いた詐欺サイトでは、無料コンテンツと有料コンテンツの見分けがつかないようにされており、また、閲覧している時間に応じて利用料金が発生する旨を表示されていなかったり、非常に見つけることが困難な場所や大量の文章に隠すように小さく掲載されていたりします。
こういった不正サイトの場合、自宅にカード利用明細が届くまで被害にあっていることに気がつかないケースも多く、その間にも被害が増大する危険性があります。

・カード情報不正取得
クレジットカードの読み取り機をATMなどのカード挿入部に装着し、カード情報を不正に取得、それを元に偽造カードが作成されて使用されてしまう物です。
コンビニに設置されているATMにもこういった機器が装着されていたという報告もあり、怪しい機器がついていないか注意する必要があります。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.