キャッシュカードとの違い

クレジットカードとキャッシュカード、使える場面や使い方が良く似ています。
ですが、クレジットカードとキャッシュカードはまったく違うもので、この違いをしっかりと理解していないと大変なトラブルを招いてしまう事もあります。
ここではクレジットカードとキャッシュカードの違いを解説します。
クレジットカードもキャッシュカードもとても便利な物です。
是非参考にして頂き、違いをよく理解して便利に使いましょう。

・お金の流れの違い
クレジットカードとキャッシュカードのもっとも大きな違いがある所が、支払いに使われるお金の流れの違いです。
クレジットカードは、支払いに使われるお金を一時的に借りてお金を支払うものです。
分割払いなど、支払い方法を選ぶ事もできますので、高い物でも自分に合う支払い方で購入する事が出来ます。

キャッシュカードは、自分の銀行口座のお金を引き出したり、入金したりするカードで、扱われるお金は終始、自分のお金という事になります。
また、一般的なキャッシュカードはお買い物のお支払いに使う事ができません。
ですので、一旦キャッシュカードを使ってお金を引き出して、そのお金からお支払いをするという事になります。

・審査の違い
クレジットカードは「お金を借りる」システムの為、厳しい審査があります。
法律の改正により、年収に対する一定の割合しかお金が借りれなくなるなど、審査は年々厳しくなる傾向があります。
申込みをしたり、使ったりすることで信用情報機関に使用歴などのデータが蓄積されます。
個人を照明する書類が必要など、「信用」の下使う事ができるカードといえます。

キャッシュカードにも審査がありますが、銀行口座開設に伴う審査と同様のものであり、クレジットカードの審査に比べて格段に通過しやすいといわれています。
また、中には既に口座を持っている銀行のカードで審査をしなくても発行してもらえるものもあります。
ただ、この場合、口座残高以上のお金の扱いができないなど制限はあります。

Site Menu

Copyright 2010 カードを比較.com All Rights Reserved.